会社案内
ご挨拶
会社概要
沿革・製品経歴
経営理念
採用情報

経営理念

商品憲章

  • われわれは、お客様のニーズに適した商品をつくるため、つねに新しい情報を収集分析し、新商品の開発を積極的に進めます。
  • われわれは、品質の高い商品をつくるため、つねに確実・安全衛生など生産の基本に徹し、新しい技術の研究開発に全力を尽くします。
  • われわれは、より良い商品をより安くつくるため、つねにすべての部門が能率の向上と、コスト意識に徹するよう、最善の努力をします。

経営の方針

経営理念
われわれが向うべき事業の目的は、
  • 「付加価値の高いものづくり」を通して、「美味しさ・夢そして安心」の「食の提案」を実行し、「食育を推進する」と共に、「お客様の食生活に喜びと満足をお届けする」約束を継続することにあります。我が社の商品を手にとって喜んで下さるお客様の姿を想像できなくなったら、おしまいです。
この実践を企業の使命として取り組んでいく為に、我が社は存在する。
経営の基本方針
  • グローバルな視野に立った適切な競争を展開し、社会との調和に適応していく。世の中の変化にきちんと対応しながら、「不易流行」の基本を展開し続ける。
  • 「お客様との共生」の中から、新しい必要を創造し、お客様にお届けしていく。「お客様の困った!」を日常の中で感じ取り、ものづくりの精神で、その必要を実現させる。
  • 企業の信用に対しては、誠意をもってお客様の信頼に応え、社会的責任を果たしていく。信用は日々コツコツと積み上げなければいけません。その慢心から、すべてを失います。
  • 「自律的な自己の確立」と「厳しい共育」を推進させ、日々前進していく。自分から発信して、毎日の学習を継続させる。過去より一歩前進する勇気をたえず持とう。
  • そしてこの中から、働く人々の成長と幸せを実現していく。人は、自己の実現の為に生きています。その為に、お互いが協力しあわなければなりません。
社訓:お客様との共生
商いの心は「お客様との共生」にある
商いの心 近江商人の「三方よし:売手よし、買手よし、世間によし」を<商いの心>とする。
企業活動は、お客様の喜びをめざし、お客様の役に立つことが大切です。
社会のお役に立ち、お互いに感謝し合える関係を築くことが、信頼される企業につながり、この信頼と信用が企業活動の原点となります。
ページの上部へ

行動指針

企業の行動指針
我が社の人財のありかたは、「仁・義・礼・知・信」の五徳に基づく。
  • 「仁」とは、人を思いやる心
  • 「義」とは、正義を貫く心
  • 「礼」とは、礼を尽くす心
  • 「知」とは、知恵を磨く心
  • 「信」とは、人を信じる心
私たちは、
  • 万物に対して、「有り難う」「おかげさま」のおもいやる気持ちで (仁の心)
  • 人として、なすべき事と、なすべきでない事を確実に見極め (義の心)
  • 社会の秩序を維持する、あらゆる人間関係の礼儀作法を守り (礼の心)
  • 智慧をもって、もの事の道理を見極め、正しい判断で実行し (智の心)
  • いつわりのない正直な姿勢で、信頼される人づくりをめざす (信の心)
行動をしたいと念じています。
そして、人としての生きる道を自律し、「ほんまもん」の創造で世の中のお役にたちます。
リーダーの誓い 六訓
我が社のリーダーは、より大きな仕事に挑戦し実行する意思を、毎日の仕事の中で表現します。
  • 強い企業で、正しい事業「安全と安心をめざして」を展開させる。
  • 目的を明確にして、目標を常に問いかけ自覚させ、全員の協力で目標を達成させる。
  • 社会の変化に適応し、たえず「必要への集中」を実行させる。本当の不要は切る勇気を持て!
  • 仕事の使命感と与えられた権限を自覚して、自己責任で仕事を遂行させる。
  • 問題発見と問題解決能力を高めて、前例のない問題の本質を正しく把握し、適切に対応する。
  • 部下の強みを気づかせて、日常の反復訓練と共育と通して、人財の能力を開発していく。
ものづくり社員の心得 五ヶ条
われわれ ものづくり社員は、次のような仕事の姿勢を創造していきます。
  • お客様の「困った」を解決する為に、常に考えて行動し、自ら積極的にコツコツと発信していきます。
  • 現場の現実から目を離さず、「次工程はお客様!」の原点に傾聴の心を持ちます。
  • 「見えない財への投資」を怠らず、自己の成長を信じて、明るい明日をめざします。
  • 「利他の心」を発揮して、周りの協力者の成長と幸せづくりに、喜んで協力します。
  • 人生目標を求めて、働く喜びを感じ取り、自分を活かし切る事にチャレンジします。
社会人として守るべき5つのルール
われわれは、社会人として、「幸せの循環」を創る責任を全うしていきます。
「念ずれば花は開く」の喜びを知ると、人は今以上に前向きに進もうとします。
さらに、喜びの種まきから、幸せのおすそ分けが生まれます。
これに報いる為に、また新たな念い(おもい)が生じてきます。
このようなすばらしい循環を「幸せの循環」と呼びたいと願っています。
  • 日常の五心
    • 「ハイ」という素直な心
    • 「すみません」という反省の心
    • 「お蔭様です」という謙譲の心
    • 「させて頂きます」という奉仕の心
    • 「有難うございます」という感謝の心
  • 「きれいを徹底」など、決められた社内の約束を守ります。
  • 「健康な身体」と「健全な精神」と「たくさんの愛情」を保つ努力をします。
  • 自分の強みを発見し、仕事に活かしていきます。
  • パートナーの人格を認めて、信頼の絆を作り上げていきます。
ページの上部へ
“食”にたずさわる当社の想い
人が良くなる「食」医食同源
医食同源とは、病気の治療も普段の食事とともに人間の生命を養い健康を維持するもので、その源は同じであるという考え方です。中国で古くから言われていた「食」という字は、文字の如く「人が良くなる」と書きます。この食の漢字の構成こそが、医食同源の基本となるものです。
食べる事は、生命の維持の上で非常に大切な行為であります。ただ今後は、お腹を満たすだけのものではなく、いつまでも健康であり続けるための機能性に富んだ商品開発が必要になります。
ページの上部へ

食品業界の信頼回復に向けて

食品業界で偽装表示等の不祥事が頻発し、業界に対するお客様の信頼を揺るがしかねない状況となりましたことから、弊社が所属する組合は以下に記するスローガンを掲げ、企業活動を行なって参ります。
菓子産業信頼性向上スローガン
平成20年 7月23日
全国飴菓子工業協同組合
全国飴菓子工業協同組合は、菓子産業全体として、お菓子の安全や品質を確保し、お客様(消費者)から信頼され続けるよう、菓子企業が日頃から心得るべき考え方を次のとおり「菓子産業信頼性向上スローガン」として定めます。
  • お客様(消費者)を基点とする考え方に立って、お客様に安全で信頼されるお菓子を提供します。
  • 法令や条例を遵守することはもとより、公正なルールや社会規範を守り、社会倫理に沿った企業活動を行います。
  • 人の生命と健康の維持、楽しみに大きく関わる仕事に携わっているという自覚を持ち、安全で信頼されるお菓子をお客様に提供するため、適切な衛生・品質管理を行います。
  • お客様に安全で信頼されるお菓子を提供するため、衛生・品質管理を行う体制を整備し、それが形骸化しないよう改善を行っていきます。
  • お客様などの信頼を確保し、企業の経営理念や製品への理解を深めていただくため、誠実で透明性の高い双方向のコミュニケーションを行います。

Copyright (C) 2007-2008 PINE Co.,LTD All rights reserved.