キャンディのお話
キャンディのお話
パインアメの秘密
バーチャル工場見学
キャンディ豆知識

バーチャル工場見学

パイン工場では環境と品質にこだわりキャンディ作りに励んでいます。

  • 滋賀工場のご紹介
  • ライン解説
  • 環境対策
  • 品質管理
  • 環境対策
環境対策について
産業革命によって産業構造が大量生産・大量消費型に大きく変化し、その中での我々人類は豊かな食生活を獲得する代償として、環境に負荷を掛け続けてきました。20世紀が終わり21世紀に入った今日、ようやく我々は「環境」の大切さに気付き、地球環境問題への関心が日々取りざたされるようになりました。

21世紀は環境の世紀とも言われ、政府は2002年6月に京都議定書を批准しましたが、この目標を達成するためには行政・企業の取組みだけではなく、個人の環境に配慮した行動が必要となる時代になったのではないでしょうか?

当社の生産拠点のある滋賀県草津市は日本最大の湖 琵琶湖を望む美しい町です。

滋賀風景写真 滋賀県には琵琶湖をはじめとするすばらしい自然が広がっています。企業が果たすべき社会的貢献という観点からも、私たちは事業活動のすべての分野においてはかり知れない恩恵を受けてきた自然や資源を、地域住民の方々、さらには全ての人々と力をあわせて守っていかなければなりません。

その具体的な取り組みとして当社では全社的な環境保全活動を推進しております。
以下にその具体的な活動内容についてご説明いたします。
産業廃棄物について
産業廃棄物については3R(リデユース、リサイクル、リユース)を基本に、限りある資源を大切にするよう取り組んでいます。
当社では産業廃棄物は「持ち込まない、作らない、持ち出さない」の非ゴミ3原則を策定し、全従業員の環境への意識向上を図るとともに、すべての部署が積極的に取り組んでいます。
  • 持ち込まない
    原料、材料メーカーに当社の取り組みにご理解、ご協力いただき、仕入れる原料・材料を梱包するダンボールケース、包装フィルム量の削減を進めています。
  • 作らない
    製造機械のメンテナンススケジュールに従った完全整備を行い、廃棄処理する規格外品の発生の徹底した防止に務め、廃棄するゴミを出さないよう取り組んでいます。
  • 持ち出さない
    社内における廃棄物の再利用化についての検討と、それに伴う機械設備の導入計画の促進を計画しています。これにより、リユース・リサイクルの推進を図っています。
工場から出る排水について
工場からでる排水に関しては、「国・地方自治体の環境規制はあくまで必要な基準であり、必ずしも十分な基準ではない」との認識から、遵守するにとどまらず、必要に応じて自主管理基準を設定し、管理レベルの向上を図っています。
排水処理を経て下水に流す汚水は、COD(化学的酸素要求量)、BOD(生物化学的酸素要求量)共に600ppm以下に浄化し、排水として流しています。
  • 測定項目
  • 下水道放流基準値
  • 下水道放流水
  • 水素イオン農度(pH)
  • 5.0〜9.0
  • 7.4
  • 生物化学的酸素要求量(BOD)
  • 600
  • 125
  • 化学的酸素要求量(COD)
  • 600
  • 150
  • 懸濁物質(SS)
  • 600
  • 75
  • 全窒素(T-N)
  • 60
  • 5.5
  • 全リン(T-P)
  • 10
  • 0.4
  • n-ヘキサン抽出物質(鉱物油)
  • 5
  • 0.5
  • n-ヘキサン抽出物質(動植物性油脂)
  • 30
  • 5

次は品質管理について

Copyright (C) 2007-2008 PINE Co.,LTD All rights reserved.